今しか出来ない楽しみ方を

我が家の娘は、まだ8カ月になったばかりです。

お布団の上で、手と足を飛行機の翼の様に伸ばして、バタバタさせるのが大好きです。

しばらくそんな風に遊んでいるので、今のうちにと洗い物をしていると、頭を上手く使いミノムシの様にこちらにすぐに進んできて、ニヤッと笑っています。

最近ゴロゴロと転がるのも得意げにやるので、スマートフォンで1日1回同じポーズ撮影をする事にしました。

一週間撮り溜めたらプリントして、少しずつの変化を見て楽しんでいます。

友人や親戚が遊びに来ると、笑顔や遊んでる時の写真を沢山撮ってくれ送ってくれます。

ですから、我が家では密かに寝付いた時の写真を撮り溜めています。

赤ちゃんが手をグーにして、上にバンザイしながらスヤスヤ寝ている姿が本当に見ていて幸せになります。

一体いつまでこのポーズで眠るのかなと、ニヤニヤしながら毎日同じ角度から撮っています。

これを続けていき、手を下げて眠る日まで撮り溜めたら、ビデオにしてみようかなと思っています。

まだまだ目が離せず、こちらの様子は御構い無しに泣いたりと振り回されてしまいますが、ニッコリ笑ったり、この寝姿を見ているだけで全部疲れは飛んじゃいます。

赤ちゃんの持つ魅力、パワーは凄いですよね。

自分1人の時間はなかなか持てませんが、ならば今しかないこの貴重な娘との時間を、楽しみながら私の密かな趣味に付き合ってもらっています。

我が家の可愛い寝姿モデルさんです。

9ヶ月の娘の育児について

こんにちは。私には今9ヶ月になる可愛い娘がいます。
専業主婦をしながら子育てをしています。

娘がまだお腹のなかにいた頃、子育てが凄く大変なイメージがあるので不安で頭がいっぱいでした。
まだ21歳だったので、若い私にきちんと子育てが出来るのか家族も心配していました。

不安のまま陣痛を迎えて、娘を出産して娘の顔を見た瞬間、
不安な気持ちが吹っ飛んで、娘の為に頑張らないとっていう気持ちになりました。
私と旦那しか娘を守る事が出来ないのでしっかりしないとって思いました。

9ヶ月になる娘は今つかまり立ちやハイハイをします。
9ヶ月前は寝ることと泣く事しか出来なかったのに、今では笑ったり言葉を真似したりする
娘の成長の早さに驚いています。毎日が楽しくて仕方ありません。

子育てを今してもみて、自分より娘がなによりも一番優先なので
大変な事もたくさんあります。いろいろやりたい事もありますが、
娘の笑顔を見れば満たされますね。親バカってよく言われますが親バカになっちゃいますね。
周りに同い年の子供がいる友達が沢山いるので、分からない事があったら聞いたり、
情報を交換しあったりするのも大事ですね。

これから一歳になる頃には歩くようになり、今よりももっと目が離せなくなり大変になありますが、
旦那も娘の面倒をよく見てくれるので二人で協力しあっていきたいと思います。
成長がもの凄く早いので、一つ一つの成長を大切にしていき、
これからも子育てを頑張ります。

もう少しで一歳の誕生日だね

女の子は何でも早いし育てやすいなんて事を良く耳にしていたけど実際にその通りだと近頃実感してます。上の男の子は本当に手がかかりましたが、下の女の子はほとんど手がかからない感じに思えます。生まれた頃から沢山寝てくれて夜泣きも殆どなく、こんなに育児は楽しいものなのか…。楽していいのだろうか?なんて思う事が多々ありました。イライラすることもなくのんびり日々を過ごしてました。
ですが10か月位で歩くようになりまだ一歳の誕生日を迎えてないのに歩くと言うか走り出すような感じになりました。階段や台などもよじ登って行くので目を離す事が出来な状態です。少し家事でもしていて静かだと思えば階段上り始めてるなんてこともざらです。成長が早いので喜びもあるのですが目離しが出来ないのは少し大変です。
言葉に関してもお兄ちゃんが少し遅めだったのに妹はもうパパ、ママ、ちょうだい、ワンワン、にゃんにゃん、にぃにぃなど言えるようになってることに驚きです。
そんな娘ももうすぐ一歳の誕生日を目の前にしています。一年って本当に早いですね。自分でもびっくりです。子供が日々成長して行く訳だなと嬉しくも大変な気持ちです。
もう一年?なんて思うくらいに早いです。寝たきりからハイハイに変わり、それから歩くようになり。泣いたり、笑ったり、怒ったり色んな顔が見れて母親としては本当に幸せに思う今日この頃。私の元に生まれて来てくれたことに感謝ですね。

1カ月検診へ行ってきました

今日は、まりちゃんの1カ月検診へ行ってきました。
パパはお仕事だったので、出産後初の母子での遠出。遠出といっても、タクシーで5分程の道のりですが、やっぱり朝から準備にバタバタしてしまいました。

1カ月検診を受けるにあたり、不安なことがひとつ。それは、まりちゃんの体重がそんなに増えてないのでは…ということでした。できれば母乳で育てたいと思い、ミルクを控えてきたけれど、まりちゃんにとって十分な量をあげれてない感じ。まりちゃんも最初はおっぱいに吸い付き、頑張って飲んでくれているけど、だんだん吸っても出なくなり、吸い疲れて眠ってしまうという悪循環の日々でした。

この前、まりちゃんに会いに来てくれ私の友達に「こんなに細い赤ちゃん、初めて見たー。足、枝みたい。」と言われ、大ショック。やっぱりミルクを足してあげた方がいいのかな?でも、せめて3カ月までは母乳で育てたいな。この1か月間、悩み続けていました。

そんな悩みを抱えながらも、元気に足をバタバタさせているまりちゃんに私も元気付けられる日々。まりちゃん、いつもありがとね!

さて、肝心の1カ月検診ですが…。いつも本当に優しくて頼りになる先生に「1カ月でこの体重では、栄養が足りてないよ。そんなに母乳にこだわらずに、ミルクもあげないと!まりちゃんももっと飲みたいって顔してるよ。」と初めて厳しく指導されてしまいました。

でも信頼している先生に言われて、ショックというよりはスッキリしたというのが私の本音。今まで母乳にこだわりすぎてた自分に反省して、今日からはミルクと混合でまりちゃんに好きなだけ飲ませてあげようと思います。

たくさん「ハイハイ」しましょう

男の子は、とにかく活発です。
1歳前から、やっぱり女の子とは違います。

特に、ハイハイのスピードは驚く程早いです。
大人には到底マネできない動きですね。

よく、1歳前によちよちと歩ける子を見かけます。
二足歩行が早くできるな1歳前にできるなんて、すごいと思っていつも見ていました。
うちの子はまだまだ、歩きそうにないなと不安に思うこともありました。

ハイハイは、幼児期の中でも、とても重要な発達段階の一つだそうです。
腕の力だけでなく、体幹も鍛えられるそうです。
転んだ時に、手をしっかり付ける子供に成長するそうです。

また、手から受ける刺激が脳に伝わることも、成長の上で重要だと支援センターの先生に聞きました。
感情にも関係するんですかね。

今は、小さい時期から、ネットやゲームなどと接する機会が多いです。
親世代もこの環境の中で育ってきているし、なくてはならないものです。

メリットもあるネットやゲームですが、デメリットももちろんあります。
ほとんどの親がその事を知っていますが、ついつい子守の手段として使ってしまってます。

できるだけ、元気に動き回らせてあげたいと思います。
そのスタートが、ハイハイですね。

そのうち、歩き出したかと思えば、すぐに走り出します。
なぜか、男の子は走り回るのが大好きです。
何が楽しいのか意味不明ですが、楽しそうに走っています。

これもすべて、人生で初前進である「ハイハイ」にあるんですね。
たくさん、ハイハイをさせてあげたいですね。

人見知りを防止したくて

生後6カ月から7カ月になってくると人見知りがはじまるということで、いろんな人に抱っこしてもらったり、顔を見せてもらったりということをしておいた方がいいなと思って子育て支援センターを利用してみようと出かけてみました。一人目の子供で寝返りをようやく打てる状態になっただけの子供を連れていくと、最初は私ともう一組のママしかいなくて、なんだか寂しいなと思っていたらお昼すぎから続々とほかのママさんもやってきました。

今回いった施設が0歳から3歳まで可の施設だったので、私以外のママさんは2人の子供を連れている、もしくは一人で立ち上がり遊ぶことができる子しかいませんでした。0歳でハイハイもできないような子を連れてきてしまったので、なんだか孤独な感じになってしまいました。施設の方やママがついているのでふんずけられることはないとは思ったのですが3歳ぐらいの子は走りまわり、スポンジのボールを投げて遊び、私の子供が遊んでいたガラガラの入ったカゴを持ってどこかにいってしまったり子供にミルクをあげていたら「私がもってあげる!」と勝手に哺乳瓶に手を添えてきたりしていました。

「どこを触ってきたかわからない手で赤ちゃんの哺乳瓶に手を添える…こ、怖い…。」上にまだ子供がいない私はどうやって断ったらいいのか、しどろもどろしてしまいました。見ていたその子のママがつかさず「ほかの子にはやらなくていいの!迷惑なんだから!」と注意をしてくれたので助かりました。今度は0歳で月年齢も同じ子が集まる曜日や施設に通ったほうがいいかなと思いました。